おまとめローンにはデメリットもある

借金の返済が苦しくてなかなか返済できない、そう考えている方は「おまとめローン」も候補に入れているでしょう。確かに、金利の高い複数の借金がある方でしたら、おまとめローンによる借金の減額効果はかなりあると思われます。

 

しかし、それだけの大きな減額効果があるおまとめローンですので、デメリットもあります。

 

 

おまとめローンの審査は厳しい

それは、おまとめローンの審査が厳しいことです。特に、低金利で限度額も多く設定されている、まさに「おまとめ」向きのローンの審査はかなり厳しいと思った方がいいでしょう。

 

いくらおまとめ向きのローンであっても、審査に通らなければ何の意味もありませんので、それならば金利が高く限度額も少ないちょっと条件の悪いおまとめローンにしようか、と考えたくなる気持ちも分かります。

 

しかし、安易におまとめローンで妥協をしてはいけません。おまとめローンを選ぶ際には、何よりも低金利で限度額の多いおまとめローンを選ぶのが前提条件だからです。

 

おまとめローン最大のメリットである「低金利による借金の減額」を実現させるには、金利と限度額で妥協をしてはいけません。

 

そういった視点からで評価がされているのが、限度額が最高800万円で低金利となるオリックス銀行のおまとめの借り方となるのです。

 

借入件数を減らせば審査に通るかも

とはいえ、やはり審査にいつまでも通らないようでは借金地獄は続いてしまいますよね。審査には、年収なども条件も加味されますが、すぐに年収を上げるのもなかなかできません。そんなときでも、安易に条件の悪いおまとめローンに飛びつくのではなく、条件のよいおまとめローンに何とか融資をしてもらうことを考えましょう。

 

その上でぜひ念頭においてほしいのが「借入件数」です。借入金額はなかなか減らすことができませんが、借入件数を減らすことであれば比較的容易にできます。

 

おまとめローンは、実は借入件数も審査の上で大きなチェックポイントですが、そのボーダーラインは「5件」ともいわれています。5件以上あるとまずそれを一度にまとめるのは不可能ですので、できるだけ件数を減らすことを考えましょう。

 

借入件数がいくらか減少すれば、審査の上でもさほどマイナスには働きません。減らすべき借金は「高金利」かつ「少額」の借金です。

 

少額の借金であればさまざまな方法でゼロにすることができますし、それが高金利であれば毎月の返済金額を減らす効果も期待できます。低金利のものはとりあえず放っておいて、高金利且つ少額の借金の件数を減らせれば、条件の良いおまとめローンでも十分に勝負できます。

 

申し込み前に確認すること

件数や借り入れの金額は、年収に応じて基準が変わってきます。多くの収入を得ている方なら多少の件数や借り入れ総額があるとしてもおまとめローンの利用ができる可能性がありますが、アルバイトやパートの方ではおまとめローンの利用そのものが難しいです。

 

安定した収入を持つことはおまとめローン利用の基本中の基本となりますが、大きな金額を低い金利で借りるとするなら、それなりの収入が必要となります。

 

具体的にいくらの借り入れならいくらぐらいの収入が必要かは審査基準によって変わりますが、年収が200万円程度ではおまとめローンの利用はできないと考えておいてください。

 

少額のおまとめならまだしも、大きな金額で一本化をするならやはり一般的なサラリーマンの平均年収は最低ラインとして必要です。そのあたりの審査に関する詳しい内容はおまとめローン審査と金利にも書かれているので、確認をしておくと良いでしょう。